恐怖症は治らないと思っていませんか?克服する為の治療の仕方と対処法

β遮断薬の効果と副作用

β遮断薬の効果と副作用

薬物療法は非常に一般的な治療法であり、非常に効果的な治療法でもあります。

しかし、薬による副作用が心配であるのも事実です。

私の嫁も対人恐怖症で悩んでおり、一時期、薬物治療をしていたのですが
薬が合わなかったようで、一年ぐらいで薬物療法は中止しました。

そんな私の嫁がある【恐怖症マニュアル】を試したところ
信じられないほど短期間で恐怖症を改善することができたのです。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


β遮断薬とは

β遮断薬はβアドレナリン受容体(レセプター)遮断薬の略語になります。

三大神経伝達物質の1つノルアドレナリンは交感神経を刺激する働きがあるのですが、
β遮断薬は、ノルアドレナリンが結合するβ受容体(受け取る側)をふさぐ薬になります。

β遮断薬でβ受容体(受け取る側)をふさぐことにより交感神経の働きを鎮める効果があります。


β遮断薬の効果

β遮断薬は不安や恐怖を抑える薬ではなく、心拍数を抑え、血圧を下げる作用
があるということから、身体的な症状を抑える薬になります。

β遮断薬は身体的な症状効果があるので、心拍数の増加、血液の上昇、
激しい動悸、ふるえなどのパニック発作の緩和に有効になります。

または、恐怖症に悩んでいる人には、気持ちよりも先に体が反応してしまう、
という人がいます。

このような場合に、β遮断薬は、身体的な症状たとえば、動悸、発汗、ふるえ、
などの症状を抑えることで不安の解消につながることが少なからずあるようです。


補足ですが、内科では発作性貧脈症、高血圧症、不整脈、狭心症などの
治療にも使われているそうです。


β遮断薬の副作用

β遮断薬副作用としては、血圧を下げる、不眠、だるさ、ふらつき、吐き気などがあります。

気管支収縮作用があるため、ぜんそくの人は使用できないようです。
また、血圧が低い人も注意が必要です。


β遮断薬の服用方法・期間

β遮断薬は不安や恐怖を抑制する作用はなく、動悸や息切れなどの身体的な症状
抑える効果があるので必要なときだけ(たとえばスピーチの前など)、事前に服用するのが
一般的なようです。


当サイト管理人の恐怖症克服体験談

もし、あなたのトラウマ・恐怖症が自宅で薬も使わずに、
短期間で改善できるとしたら?

すでに4,627人が実践して、90%以上が改善した治療テクニックを
知りたくないですか?

私もこの治療法で長年苦しんだ恐怖症が改善できました。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら



薬物療法の一覧

  • 薬物療法について
    恐怖症治療には催眠療法や認知行動療法など様々な方法があり、その中でも一般的に用いられるのが薬物療法ではないでしょうか・・・
  • β遮断薬の効果と副作用
    β遮断薬は身体的な症状を抑えることを目的として処方されることが多く、気持ち的には大丈夫でも、その状況になると先に身体的な症状がでるという・・・


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional