恐怖症は治らないと思っていませんか?克服する為の治療の仕方と対処法

動物恐怖症の症状と克服法を徹底解説!

動物恐怖症の症状と克服法を徹底解説!

動物恐怖症とは、特定の動物のみ、又は動物全般などを対象に、
異常なまでの強い恐怖感が症状として表れる事をいいます。

そんな動物に対する恐怖を軽減することができる治療法を知っていますか?

当サイト管理人はその治療法で実際に動物恐怖症を改善することができました。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法です・・・詳しくはこちら

動物恐怖症の症状とは・・・

その症状は、主に息苦しさ、めまい、動悸、吐き気などがあります。


この恐怖症の原因は、対象となる動物から攻撃的な行為をされた事がきっかけで、
トラウマになる場合が多いようです。


動物恐怖症の対象となる例は、
犬、猫、馬、(動物ではないですが)蜂、蛇、昆虫などがあげられます。


ここからは私の知人の話です・・・


私の知人と一緒に仕事をしていた職場の後輩に動物恐怖症の方がいて、
この方の対象は管理人マサと同じ犬でした。


最初、知人が犬を1匹飼っている事を知らずに来たその後輩は、偉人の家の犬を見た瞬間、
物凄く凍りつくように体が動かず、しばらくの間は知人宅に入れなかったそうです。


仕方なく知人宅に入った後輩は、仕事の話をしながらも、本人にとって一番気になるのが
恐怖の対象の犬が、自分に近づいてこないかどうかだったようでした。

犬が本人に近づいてくるものなら、大声で知人を呼ぶほど怖かったようです。


後輩自身、幼少の頃に犬に追いかけられ、咬み付かれた事が恐怖症のきっかけだと
話していました。
(これは管理人マサと同じですね)


そのうち、何度か知人宅に訪れた後輩は、自分に人懐っこく近づいてくる知人の犬に対し、
手を差し出しては引っ込むまで慣れ、次第に頭を撫でてあげるまで慣れ、さらに両手で
頭だけではなく、体も包むように大きく撫でてあげるまでに慣れていきました。


後に、久しぶりに知人宅に訪れた後輩から、驚くべき話を聞かされました。

犬が対象だった動物恐怖症の後輩が、犬を飼い始めたという事でした。


それを聞いた知人は、「(後輩にとって)物凄く克服へ成長したな」と思ったそうです。


動物は、人間と会話は出来ません。

しかし、人間と同じ心を持っているはずです。


これを読まれた方が、知人の後輩のように『咬まれた』事がきっかけで動物恐怖症
なったのであるならば、このお話が動物恐怖症克服への一歩に繋がれれば、私も幸いです。


当サイト管理人の恐怖症克服体験談

もし、あなたの動物恐怖症が自宅で薬も使わずに、
短期間で改善できるとしたら?

すでに4,627人が実践して、90%以上が改善した治療テクニックを
知りたくないですか?

私もこの治療法で長年苦しんだ恐怖症が改善できました。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional