恐怖症は治らないと思っていませんか?克服する為の治療の仕方と対処法

広場恐怖について

広場恐怖について

広場恐怖というのは公共の場所や空間、集会など人目が多い場所、人で混雑するような場所において、
『もし、~になったら、どうしよう』となどという強い不安や恐怖感がおきる恐怖症です。


広場恐怖になりやすい場所は様々で、飛行機、電車、暗闇、トイレなどの
密閉空間などで起こる事が多い。

中には、歯医者や美容室など、1つの場所に居続けるような状況などにも発症する場合がある。


では、どうしてこのような広場恐怖になるのでしょう。

誰しも一度ぐらいは、「もう二度とこんな体験はしたくない」という嫌な思いをしたことは
ありませんか。

そして、もしその時と同じ状況になった場合、もしくはその時の状況を鮮明に思い出すと
非常に嫌な気持ちになると思います。


この【嫌な気持ちになる】というところが重要なポイントで、通常なら【嫌な気持ちになる】
というだけの苦手意識ですむのですが、一部の人たちは【強い恐怖】を抱いてしまうのです。


それは、生活環境やその人の性格、遺伝など様々な要因が重なってなるものなので
簡単には改善することができません。

また、厄介なのは最初は自分でも恐怖症だと気づかない人が多いということです。


実際に私も妻も最初は「まさか自分が恐怖症になるなんて・・・」という思いと
恐怖症についての知識の少なさから自覚できていませんでした。

すると、無意識に苦手な場所や状況を避けるようになってしまいます。

そうすることで、実はどんどん恐怖症は悪化してしまうのです。


まず、重要なことは恐怖症についてよく知ることと、正しい治療を知ることです。

恐怖症は治療することで改善・克服できる病気なのでしっかりと勉強しましょう。


関連する恐怖症

飛行機恐怖症



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional