恐怖症は治らないと思っていませんか?克服する為の治療の仕方と対処法

抗うつ薬 三環系抗うつ薬の効果と副作用

三環系抗うつ薬の効果と副作用

薬物療法は非常に一般的な治療法であり、非常に効果的な治療法でもあります。

しかし、薬による副作用が心配であるのも事実です。

私の嫁も対人恐怖症で悩んでおり、一時期、薬物治療をしていたのですが
薬が合わなかったようで、一年ぐらいで薬物療法は中止しました。

そんな私の嫁がある【恐怖症マニュアル】を試したところ
信じられないほど短期間で恐怖症を改善することができたのです。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


三環系抗うつ薬とは

三環系抗うつ薬は、セロトニンとノルアドレナリンが再取り込みされるのをふさぐのですが、
そのとき同時に、アセチルコリンの再取り込みもふさいでしまうために、抗コリン作用という
副作用をまねいてしまいます。

三環系抗うつ薬の効果

SSRIが出現してから、三環系抗うつ薬が使用されることは少なくなったようですが、
SSRIの副作用が強くて服用できない人、SSRIが効かない人、うつの症状が強い人には
効果があるようです。

パニック発作を抑える作用もあり、予期不安や広場恐怖の軽減にも効果が期待できるそうです。

効果が現れるまでに1~2週間はかかるそうです。

「すぐに効果がでない」と言って、勝手に薬を中断するのは危険なので止めてください。
しっかりと医師の指示に従うようにしましょう。


三環系抗うつ薬の副作用

三環系抗うつ薬はSSRIよりも副作用がでやすいようです。

三環系抗うつ薬の副作用としては、かすみ眼、口の渇き、頻脈、排尿困難、便秘、射精遅延、
記銘力低下、手の震え、性機能障害、立ちくらみ、悪心(吐き気)、頭痛などになります。


三環系抗うつ薬の服用方法

一部の三環系抗うつ薬は、大量に服用すると心機能を低下させ、
生命の危険が生じる事があるようなので注意が必要です。


当サイト管理人の恐怖症克服体験談

もし、あなたのトラウマ・恐怖症が自宅で薬も使わずに、
短期間で改善できるとしたら?

すでに4,627人が実践して、90%以上が改善した治療テクニックを
知りたくないですか?

私もこの治療法で長年苦しんだ恐怖症が改善できました。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら



薬物療法の一覧

  • 薬物療法について
    薬物療法は一般的に恐怖症の治療方法としてよく用いられることが多いのですが、やはり気になるのが副作用でしょう。副作用といっても人それぞれで薬物療法で恐怖症を改善される患者さんも・・・
  • 抗うつ薬 三環系抗うつ薬の効果と副作用
    SSRIが一般的に広まってからというもの三環系抗うつ薬の出番は少なくなっているようです。ただしSSRIが効かない様な人やうつの症状が強い人には効果があるとされており、その場合は処方されることもあるようです・・・
  • 抗不安薬 ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果と副作用
    ベンゾジアゼピン系抗不安薬は服用後、効果があらわれるのが他の薬に比べて早いという特徴があるので、応急的な場合などに補助的な目的で服用されることが多いようです。ただしSSRIに比べて依存性が強いので、飲み続けるとやめられなくなってしまう・・・
  • β遮断薬の効果と副作用
    SSRIや三環系抗うつ薬は気持ちを落ち着かせる効果を期待した薬なのに対して、β遮断薬は心拍数を抑えたり、血圧を下げる作用がある薬になり、主に身体的な症状を抑えることを目的とした薬になります・・・



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional