恐怖症は治らないと思っていませんか?克服する為の治療の仕方と対処法

抗うつ薬 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の効果と副作用

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の効果と副作用

薬物療法は非常に一般的な治療法であり、非常に効果的な治療法でもあります。

しかし、薬による副作用が心配であるのも事実です。

私の嫁も対人恐怖症で悩んでおり、一時期、薬物治療をしていたのですが
薬が合わなかったようで、一年ぐらいで薬物療法は中止しました。

そんな私の嫁がある【恐怖症マニュアル】を試したところ
信じられないほど短期間で恐怖症を改善することができたのです。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とは

SSRIとは【選択的セロトニン再取り込み阻害薬】の略語です。
「セロトニン」とは体でも重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の1つになります。
残りの2つの三大神経伝達物質は「ノルアドレナリン」「ドーパミン」です。

主なセロトニンの役割は心のバランスを保つ神経伝達物質になり、
このセロトニンが不足すると、安定した感情調節がしにくくなり、過剰な不安や恐怖が
生じやすくなったり、暴力的になる場合もあり、うつ病を発症してしまう原因にもなるようです。

SSRIはそのセロトニンの減少を抑えることで、感情の安定をはかる薬です。


セロトニンはなぜ減少する?

神経細胞には、セロトニンを放出する側とセロトニン受容体(受け取る側)があります。
そして放出する側にはセロトニントランスポーターといって、再取り込みの入り口
があるのですが、セロトニンは一度使われると、元の放出する側のセロトニントランスポーターに
再び取り込まれてしまいます。


そこでSSRIの出番です。

SSRIを服用することにより、そのセロトニンを再取り込みしてしまう、
セロトニントランスポーターの入り口をSSRIによりふさいでしまうのです。

すると、セロトニンが再取り込みされにくくなるので、セロトニンの総量が増えて
不安が生じにくくなります。


SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の効果

SSRIは元は抗うつ薬として登場した薬ですが、社会不安障害に対する効果が高く、
以前からあった、三環系抗うつ薬と比べても副作用が少ないという特徴があり、
誤って大量に服用しても副作用による危険が少ないという利点があります。


社会不安障害と併発して発症することの多い、うつ病にも効果が期待できるので
社会不安障害の薬物療法を始めるうえで、第一に選択される薬のようです。

一方、欠点としては効果が現れるのが遅く、服用から1~2週間
かかるのが普通のようです。


SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の副作用

SSRI副作用ですが、重い副作用が現れることはまれなようですが、
服用し始めたときに、吐き気、眠気、頭痛、眠気(ときに不眠)、眩暈(めまい)
などが出現することがあります。

しかし、少量から服用をはじめるか、胃腸薬と併用して使用するなど、
いずれも服用を続けるうちにほとんどの場合、問題は解決するようです。


また、長期に服用すると、性欲の低下や射精しにくくなるといった
性機能障害や肥満が現れることもあるようです。

SSRIを飲み始めたときに副作用があった人は、断薬するときにも副作用
でることが多いらしく、しっかりと医師の指示に従うようにしてください。


SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の服用方法・期間

SSRIの服用方法・期間ですが、毎日定期的に服用することがいいようです。

短期間で「症状が軽くなった」と言って、勝手に薬を飲むのを中止すると、
再発しやすくなるおそれがあるので、注意が必要です。

私が参考にした書籍によると、服用期間は様々ではありますが、
基本的には1年以上、服用を続けて、しっかりと完治させることが重要です。


服用量、服用期間はしっかりと医師の指示にしたがい、間違っても自分の意思で
勝手に断薬するのは止めてください。

突然、それまでに服用していた薬を中断すると、再発しやすいばかりか、
それまで飲んでいた薬の量ではコントロールできなくなることもあるようです。


当サイト管理人の恐怖症克服体験談

もし、あなたのトラウマ・恐怖症が自宅で薬も使わずに、
短期間で改善できるとしたら?

すでに4,627人が実践して、90%以上が改善した治療テクニックを
知りたくないですか?

私もこの治療法で長年苦しんだ恐怖症が改善できました。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら



薬物療法の一覧

  • 薬物療法について
    薬物療法で使う薬には様々な種類があります。このページでは各薬にどのような効果があり、どのような副作用があるのかを簡単に解説しています。一般的に用いられている薬や・・・
  • 抗うつ薬 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の効果と副作用
    SSRIは薬物療法をするうえで、多くの場合に使用される薬でしょう。薬の副作用も他のものに比べると少ないようですが、薬が効き始めるまでに1~2週間ほどかかるので・・・
  • 抗うつ薬 三環系抗うつ薬の効果と副作用
    SSRIが一般的に使用されるようになったことで、現在では処方されることが少なくなってきた薬ではありますが、SSRIが効きにくい場合にこの薬を処方されることが・・・
  • β遮断薬の効果と副作用
    β遮断薬は不安や恐怖を抑えるのではなく、基本的には身体的な症状を緩和する薬になります。身体の症状を抑えることで気持ち的にも楽になり・・・



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional