恐怖症は治らないと思っていませんか?克服する為の治療の仕方と対処法

振戦恐怖症の症状と克服法を徹底解説!

振戦恐怖症の症状と克服法

振戦恐怖症とは、上司にお茶を出すときにふるえる、名刺交換のときに異常にふるえる、
演奏家が人前で楽器ができなくなるほどふるえる、などのように、人前で何かをする時に、
手や体、声などが、緊張感により極度にふるえてしまう恐怖症になります。

身体的な症状としては、体がふるえる、という症状ですが、人によってふるえる部分は様々で、
手、足、顔、声、など時には、職業上の深刻な問題につながってしまうほど、症状
悪化してしまうケースもあります。

振戦にも様々な種類があり、その種類によって振戦になってしまう原因が違うので
よく知っておく必要があります。

[check] 本態性振戦

本態性振戦の特徴としては、人前で何かをする時などに、手や声などの、体がふるえる
症状があらわれます。

上司にお茶をだす、人前でサインを書く、などのように、人前で何かをする時に
体がふるえてしまい、恥ずかしい思いをすることで悩んでいる人も多いようです。

そして、「また、ふるえてしまうんじゃないか」という不安から、ますます症状が悪化し、
社会生活をおくる上で、深刻な問題になってしまうこともあります。

この本態性振戦が、振戦恐怖症に該当します。


[check] 安静時振戦

安静時振戦は、主に筋肉を使っていないときに症状がでます。

この原因といわれているのが、大脳の底部にある神経細胞群の問題で起こるようで、
パーキンソン病、ウィルソン病、リチウムや抗精神病薬などの使用、などがあります。

完全にリラックスした状態で腕や脚がふるえる、という症状なので恥ずかしく感じる
こともありますが、通常生活においてはあまり妨げにはならないようです。


[check] 企図振戦(小脳性振戦)

企図振戦小脳性振戦)は、ボタンを押すなどの意図的動作が終わるときに症状
あらわれるようで、症状の特徴としては比較的ゆっくりした大きなふるえになります。

この原因といわれているのが、小脳の機能不全によるもので、多発性硬化症、脳卒中が主な原因となり、その他にも、ウィルソン病、アルコール依存症などによっても
企図振戦を起こします。

企図振戦は何かを取るなどのような、動いたときに症状が強くでるので、物を落としたり、
物が取りにくくなったりします。


[check] 羽ばたき振戦(アステリクシス)

羽ばたき振戦(アステリクシス)は、主に肝不全が原因となり症状がでるので
「肝臓の羽ばたき」と呼ばれることもありますが、腎不全や代謝異常による脳障害
によっても起こるようです。

症状としては、腕を伸ばしたりした時に手が鳥のはばたきのように、ゆっくりとした
不規則なふるえが起こります。



このように振戦にも、様々な種類がありますが、ここでいう振戦恐怖症にあたるのは
本態性振戦原因によるものです。

また、ふるえの原因がわからずに、どうして良いのかが分からず、一人で悩んでいる
人も多いようで、実際に私もこのサイトを立ち上げるまでは、ふるえという症状
振戦という名前が付いていることさえ知りませんでした。

振戦の治療に伴う注意について

振戦の治療については注意が必要で、その症状によって様々です。

振戦で悩んでいる人の多くは、精神的なストレスなどが原因による
本態性振戦
といわれており、本来は整形外科による手の神経の異常の手術やパーキンソン病など
に用いられる薬などは必要ないのに、間違った治療をされるケースが多くあるようです。

その結果、薬の副作用で、体の動きが悪くなったり、体が傾く、などの症状
起こってしまう人もいるということです。

ちなみに、本態性振戦の症状を抑える薬としてよく用いられるのは、
β遮断薬(ベータ‐ブロッカー)という薬になります。

医師の知識不足による、間違った治療により、全く効果のない治療をされてしまうことで、
神経症かどうかの見分けが付きにくくなり、さらに症状が悪化するケースもあるので
誤った治療をされないように、自分で情報を集め、色々調べることも大切になってきます。


知っておきたい恐怖症の基礎知識

  • 恐怖症の原因【3つの要因】
    まずは恐怖症になってしまう原因を知ることで、自分がどの要因でなったのかを知っておこう!

  • 恐怖症の悪循環とは
    恐怖症がどんどん重症化していくのは、【間違った学習】による【心のとらわれ】が原因と・・・

  • 認知行動療法
    認知行動療法で恐怖症に負けない心を鍛えよう!恐怖症への対処法を知ることで冷静な・・・

  • 薬物療法
    薬物療法で知っておかないといけないのは、薬を服用しても効果が表れるまでに少し時間が・・・

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional