恐怖症は治らないと思っていませんか?克服する為の治療の仕方と対処法

携帯電話恐怖症 陣内智則

あの陣内智則携帯電話恐怖症!?

恐怖症の芸能人についてネットサーフィンしていると、
陣内智則が携帯電話恐怖症になっているというのです。


もともと陣内智則は携帯依存症だったらしいのですが、藤原紀香の執拗な電話が原因で
携帯恐怖症
なってしまったというのです。

陣内智則と藤原紀香といえば離婚ですが、結婚している時から、陣内智則の番組出演
のトークに関してダメ出しや、こうしたらいいのに、という話をしていたらしいのですが、
離婚しても電話でしているらしい・・・

その他にも、双方の事務所から離婚ネタは封印されているらしく、うっかり離婚ネタを番組
で話すと早速クレームの電話が掛かってくるというのです。

にしても、離婚してもこんなに電話が掛かってくると、さすがに携帯電話恐怖症
になってしまう気持ちもわからんでもないですが、辛そうですね。

人間の恐怖症は経験を重ねる上でなる病気なので、もし陣内智則が実際に携帯電話恐怖症
になっていたとしても藤原紀香からの電話がなくならない限り、改善は難しいかもしれませんね。

メディアでは面白おかしく報道されていても、当の本人にしたら相当な精神的ストレスを感じている
場合があるので、陣内智則が大丈夫なのかちょっと私としては気になるところです。

症状が軽い時に治しておかないと、恐怖症はやっかいですからね。

にしても、今の時代、恐怖症で悩んでいる人の多さに驚きます。

私が感じるのは恐怖症という言葉ができてしまったばかりに、意識してしまい恐怖症がどんどん
増えているのではないかと感じてしまうぐらいです。

恐怖症は友人・知人または家族でさえ理解してもらないよい場合があるので、全ての人たちが
恐怖症についての知識を深めて、より理解し協力して恐怖症克服できるような世の中になったらなと
感じる今日この頃です。



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional