恐怖症は治らないと思っていませんか?克服する為の治療の仕方と対処法

視線恐怖症の症状と克服法を徹底解説!

視線恐怖症の症状と克服法

視線恐怖症は対人恐怖症の中でも多くの人が悩んでいる症状になります。
視線恐怖症には主に4つの種類があります。

実際に管理人の嫁も視線恐怖症で非常に苦しい経験をしてきました。

ところがある治療法を試したところ、長年苦しんでいた視線恐怖症が

自宅で薬を飲むこともなく改善することができたのです。

詳しいことはこちらに書いているので興味がある方はみてください^^

自己視線恐怖症

自己視線恐怖症とは、自分の視線が人に対して不快感を与えているのではないか
という恐怖症になります。

たとえば、自分の目つきが悪いと思い込み、相手に不快感を与えているのではないか、
と考えどこに目を向けていいのかわからないという人もいます。

ひどい場合は人と一緒にいること自体が苦痛になってしまうこともあります。

他者視線恐怖症

他者視線恐怖症とは、他者の視線が怖いと感じたり、不快に感じたりする恐怖症です。

たとえば、自分の行動を常に観察されているような気がして落ち着かなかったり、
人が自分のことをうわさしているように感じる人もいるようです。

常に人の視線が気になるようになると、人がいる場所自体が不快になってしまい
さまざまな行動に制約がでてしまう様になります。

正視恐怖症

正視恐怖症とは、人の目を見て話すことに恐怖や不快感を感じてしまう恐怖症です。

たとえば、人と話していても、相手と目を合わすことに怖さを感じたり、
逆に自分の視線が相手に不快感を与えていないかと、考えたりしてしまいます。

ひどい場合は、家族と視線を合わせて会話することも難しくなる場合もあるようです。

本人も人と話すときは、目を見て話さなくてはいけないということがわかっているので、
「どうしてダメなのだろう」とか話している相手に失礼に思われていないかと、
考えてしまい人との接触を避けるようになってしまいます。

脇見恐怖症

脇見恐怖症とは、自分の意思に反して人を脇見してしまう恐怖症です。

たとえば、全然見る気がなくても、人が視界に入ると「チラッ」と脇見したり、
異性と話している時に、見る気はなくても胸などを見てしまい、相手に
不快感を与えたのではないかと考えてしまう場合もあります。

時に、脇見をすることで見られた相手とトラブルになり、さらに症状が悪化することもあるようです。


視線恐怖症治療法とは・・・

視線恐怖症克服する方法として【エクスポージャー(暴露療法)】という方法があります。

この方法は苦手な状況(見る、見られる)に、少しずつ接する機会を増やして、徐々に慣らして
いくことで、【視線】に対する【間違った学習】による心の「とらわれ」を修正していく治療法です。


といっても急に接する機会を増やしてはダメです。


最初は、家族や親しい友人、次は知り合い、その次は大勢の人の前、というように少しずつ
ステップアップしていくことが大事です。

エクスポージャーで治療するうえで、重要なのは徐々に慣らしながら修正するということです。


視線恐怖症は正しい治療をすることで、克服することができる病気です。あせらずに
少しずつ治療していくとよいでしょう。

当サイト管理人の恐怖症克服体験談

もし、あなたの視線恐怖症が自宅で薬も使わずに、
短期間で改善できるとしたら?

すでに4,627人が実践して、90%以上が改善した治療テクニックを
知りたくないですか?

私の嫁もこの治療法で長年苦しんだ視線恐怖症が改善できました。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


知っておきたい恐怖症の基礎知識

  • 恐怖症の原因【3つの要因】
    まずは恐怖症になってしまう原因を知ることで、自分がどの要因でなったのかを知っておこう!

  • 恐怖症の悪循環とは
    恐怖症がどんどん重症化していくのは、【間違った学習】による【心のとらわれ】が原因と・・・

  • 認知行動療法
    認知行動療法で恐怖症に負けない心を鍛えよう!恐怖症への対処法を知ることで冷静な・・・

  • 薬物療法
    薬物療法で知っておかないといけないのは、薬を服用しても効果が表れるまでに少し時間が・・・

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional