恐怖症は治らないと思っていませんか?克服する為の治療の仕方と対処法

閉所恐怖症の原因をチェック!克服するための治し方・治療法は・・・

閉所恐怖症の症状と克服法

閉所恐怖症とは、トンネルやエレベーター等の入ったらすぐには出れない場所や、
身動きがとれない狭い場所に対して、異常に恐怖や不安をを感じる症状です。

恐怖症の中でも、この閉所恐怖症に該当する人は多いのではないでしょうか。

実際に私も閉所恐怖症で非常に苦しい経験をしてきました。

ところがある治療法を試したところ、長年苦しんでいた閉所恐怖症を
短期間で改善することができたのです。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


閉所恐怖症の症状とは

症状も人によって様々で、めまい・ふるえ・発汗・吐き気、さらにどんどん悪化していくと、
発狂して叫びたくなるような症状もでてきます。


閉所恐怖症が起こる代表的な状況や場所としては
飛行機・電車・車などの乗り物の中や、すぐに出れない人ごみの中、
トンネルやエレベーターのように入ったらすぐに出れない閉ざされた空間、
ひどい場合はトイレも該当する場合があります。


そういう私も閉所恐怖症の気があります。

私の場合は、満員電車、身動きがとれない人ごみの中、手足が縛られた状態、
狭くて身動きがとれない場所、で閉所恐怖症症状があらわれます。

一番辛かったのは、初めて満員電車に乗った時です。(時期は4月でした)
満員電車に乗って数分すると、突然、汗が止まらなくなり、さらに吐き気、めまいがしました。
そして、立っていることができない状況になってしまい、ありえないのですが
満員電車の中で座り込んでしまいました。

そして、次の駅で飛び出すように降りて少しすると、その症状はなくなりました。
突然、様々な症状がでてびっくりしたのですが、のちにソレが閉所恐怖症(電車恐怖症)
であるということがわかりました。

閉所恐怖症になる原因の多くは過去のトラウマによるものらしいのですが、
私の場合はそういうトラウマはなく突然症状があらわれました。


私の場合は、空いている電車は大丈夫なので、日常生活にはあまり支障はないのですが、
症状が悪化すると、飛行機・車内・エレベーターなど、日常生活で誰もが利用している空間にも
耐えられなくなってしまいます。


軽度の閉所恐怖症の場合は、通常生活にあまり支障はないのですが、
車内や窓を閉め切った状況でも恐怖を感じるような場合は、非常に辛い病になります。


閉所恐怖症治療法とは・・・

閉所恐怖症克服する方法として【エクスポージャー(暴露療法)】という方法があります。

この方法は苦手な状況に、少しずつ接する機会を増やして、徐々に慣らしていくことで、
【狭い場所は怖い】という【間違った学習】による心の「とらわれ」を修正していく治療法です。


といっても急に接する機会を増やしてはいけません。少しずつステップアップしていくことが大事です。


エクスポージャーで治療するうえで、重要なのは徐々に慣らしながら克服することです。


閉所恐怖症は正しい治療をすることで、克服することができる病気です。

あせらずに少しずつ治療していくとよいでしょう。

当サイト管理人の恐怖症克服体験談

もし、あなたの閉所恐怖症が自宅で薬も使わずに、
短期間で改善できるとしたら?

すでに4,627人が実践して、90%以上が改善した治療テクニックを
知りたくないですか?

実際に私はこの方法で閉所恐怖症を改善することができたのです。

その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


知っておきたい恐怖症の基礎知識

  • 恐怖症の原因【3つの要因】
    まずは恐怖症になってしまう原因を知ることで、自分がどの要因でなったのかを知っておこう!

  • 恐怖症の悪循環とは
    恐怖症がどんどん重症化していくのは、【間違った学習】による【心のとらわれ】が原因と・・・

  • 認知行動療法
    認知行動療法で恐怖症に負けない心を鍛えよう!恐怖症への対処法を知ることで冷静な・・・

  • 薬物療法
    薬物療法で知っておかないといけないのは、薬を服用しても効果が表れるまでに少し時間が・・・

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional